ECアカウント案件一覧

EC案件 TRS ebayアカウント+在庫商品約50個+2ヶ月無料サポート

登録日 2022/12/1 更新日 2022/12/1
受付中
希望価格(税込) 220万円
月間売上 80円
営業利益 18円
月間PV 3,249

EC案件 【Amazonセラーアカウント】2021年開設/在庫あり/出品規制解除多数

登録日 2022/11/24 更新日 2022/11/24
成約済
希望価格(税込) 11万円
月間売上 28,000円
営業利益 0円
月間PV 0

EC案件 Amazon JP CD DVD Blu-ray販売可能なアカウント 直ぐに運営出来ます

登録日 2022/11/21 更新日 2022/11/21
受付中
希望価格(税込) 49.5万円
月間売上 500,000円
営業利益 300,000円
月間PV 300

EC案件 【販売限度額 4千万円】eBay超オールドアカウント 2007年登録 Top rated

登録日 2022/11/15 更新日 2022/11/13
受付中
希望価格(税込) 55万円
月間売上 1,400,000円
営業利益 560,000円
月間PV 5,000

EC案件 2016年から運用 Amazonセラーアカウント譲渡 高評価★4.8(410件)

登録日 2022/11/14 更新日 2022/11/10
受付中
希望価格(税込) 55万円
月間売上 455,782円
営業利益 30,000円
月間PV 5,126,671

EC案件 ebayアカウント2012年登録評価660リミット3900品63万ドル

登録日 2022/11/11 更新日 2022/11/9
受付中
希望価格(税込) 42.9万円
月間売上 0円
営業利益 0円
月間PV 0

EC案件 Amazonセラーアカウント譲渡

登録日 2022/11/9 更新日 2022/11/8
受付中
希望価格(税込) 33万円
月間売上 900,000円
営業利益 200,000円
月間PV 0

EC案件 2017年から運用開始のAmazonアカウント売却

登録日 2022/11/4 更新日 2022/10/25
成約済
希望価格(税込) 27.5万円
月間売上 0円
営業利益 0円
月間PV 0

EC案件 SNSフォロワー数 計10万人のアパレルEC事業

登録日 2022/10/31 更新日 2022/10/31
受付中
希望価格(税込) 299.2万円
月間売上 120,000円
営業利益 48,000円
月間PV 13,000

ECアカウント案件について

UREBAではECサイトやECアカウント、ネット通販のM&A案件を強化して掲載していきます。
スマホの普及も相まって、ECサイトやネット通販の需要は高まってきています。

ECサイトやネット通販の事業・株式譲渡ではWebサイトと比べ、在庫や取引先など検討項目が増えるため多少難易度は上がりますが、
検索アルゴリズムに左右されづらいため安定的な売上が期待できるという特徴があります。
さらに現在では、ショップのひな型や店舗管理システム等が用意されているため、
ITの知識が無くても簡単にECサイトの作成・運営ができるようになっています。

ECアカウント案件の相場

売却額は年間営業利益の1~2倍が相場となっていますがビジネスモデルによってはそれ以上になることもあります。
(※営業利益の平均は、直近の半年間くらいで算出します)
ビジネスモデルが形成出来ていて株式売却の形で従業員含め会社ごと売る事業譲渡の場合は3~5倍程度の評価額が付くこともあります。

ECアカウント案件の取り扱い商材

▼UREBA取り扱いEC・アカウント一覧はこちら
  • 独自ドメインのネットショップ
  • Amazonセラー
  • Shopify
  • BASE※譲渡後にBASEの書面による承諾を得る必要があります。
  • カラーミー※譲渡後にBASEの書面による承諾を得る必要があります。

ECアカウントを購入するメリット

例えばAmazonアカウントの場合…

  • すでに実績を重ねたアカウントでAmazonセラーアカウントで引当金を気にせずにスタートできます!
  • 実績を重ねたアカウントには、過去の販売実績があり、評価があることでユーザーに信用されるメリットがあります!
  • 出品制限なしにスタートできます ※アカウントによります

例えばECサイトの場合…
  • ECサイトをゼロから構築する時間とリソースを短縮することができます!
  • 足りない販売チャネルを補うことができ、新規顧客獲得につながります!
  • すでにECサイト運用の基礎が整った状態で事業をスタートできれば、軌道に乗るまでの時間を短縮でき、事業参入初期の失敗リスクを抑えることが可能になります
  • 既存の会員ベースを拡大して運用できます
  • 既存事業の売上や利益を事前に把握できているため事業計画、投資回収計画などが立てやすくなります

最新案件情報や
非公開案件情報をお届け